2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の散財(今更ですが)

遅ればせながら、昨年12月の散財記録。

実は、昨年にロードバイクを購入したことで、今年はいろんなイベントにでて、ロードでの可能性をいろいろ探りたいと思ってます。

早速、2008年始動イベントとしてブルベへ申し込み。
オダックスジャパン(AJ)会員への申込みを12月半ばに済ませ、2月9日の泉佐野209(200km)へ申し込みを済ませた。
200kmは一昨年の2006年にクロスバイクで琵琶湖を経験済み。
今回の200kmのコースは半分ぐらいホームコースに近いところなんで、参加をするか迷っていたが、アチコチの方がブログやHPで参加表明されてるのを見て、ウズウズしてきてしまった。
5月の300kmへの足がかりとして、ロードバイクのアク出しをしておきたいところで申し込みに至った。

となると、厳寒の2月のブルベ参加への準備が必要で、ウェアを中心に散財。
sanzai_12
基本的には11月の散財分(長袖ジャージやインナーウェア)が基本のウェアとなるが、その補助としていろいろ買っておいた。
写真左上がネックウォーマー。モンベルのネックゲーターというヤツで、裾が広がってるのと、少しタイトであごや口までをカバーしやすくなっている。
安物のだと首周りがスカスカしてしまうのだが、これは結構フィットする。
やはりアウトドア系のメーカーのものは秀逸である。
次に右上のグローブは、パールイズミのウィンターグローブ
パールのは限界温度表示がしてあるのだが、これはパールとしては一番低い部類の3℃まで使用可。
元々持っていた薄手のグローブに、これもモンベルのインナーグローブを使おうと思っていたが、これだと指先がやたらと冷えてしまっていた。
そこでショップで嵌めた感じもよかった、このグローブをゲット。
さらにインナーグローブと併用することで完璧に近い防寒が出来る。
手はグローブを外すだけで一気に冷えてしまうのだが、インナーを着けてることでそれも防げる。
手のひらにパッドもついていて、ロードバイクのハンドルのブラケット部分を持ったときにちょうど当たるようになっている。
これはいい買物をした。
3つめはライト。
2灯以上の装備が義務となっているブルベのために、既に3つ持っているのだが、ハンドル周りをスッキリさせるために小さめで明るいライトを探した。
これ、キャットアイのHL-EL135で、これのホワイトヴァージョンが出たところだったので購入。
これが結構明るい。
横にも光りが拡散し、さらに真正面への照射がすごい。
コストパフォーマンスも抜群なんで、もう1つ買ってもいいと思ってる。

sanzai_12_2
次はベル。
コレも必需品。
装備を付けるには狭い範囲しかないロードのハンドル周りではあるが、何とか使える場所が。
それはステム下のスペーサー。
前からココに付けられるのがあるのを知っていて探していたんだが、木馬であっさり在庫を発見。
鳴らしてみると、この音がまたイイ!。
「チ~~~ン」と余韻が長く続く。子どもには「おばあちゃんの音みたい」って仏壇の鐘見たいって言われたが、うるさすぎず、イイ音で「どいて下さ~い」って言えるように聞こえてくる。
コレも是非オススメします。

最後はコレ。
sanzai_12_3

去年ショップからスズカエンデューロに出させてもらったが、ここでは借り物のジャージだった。
しかしジャージを着ての一体感と言うか、見えない力をもらえると言うか、凄く気分良く走れた。
今年もイベント系にはショップのジャージを着て出たいと思ってマイジャージを購入。
最初のイベントは1月の新年会で「呑み練」となってしまって、ジャージは不要だった(笑。
まずは3月の淡路島走行会になりそう。(ってまだ寒いか)

そんな感じで着々と厳寒走行への準備が整って行きました。


1月も順調に(?)散財中です。
また月末にご報告を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jitensyadouraku.blog106.fc2.com/tb.php/45-90a17d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。