2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブメンテ その④

フリー用のグリスを購入できたことで、いざリアハブのグリスアップ。

①リアハブをバラしてグリスを拭う。極力パーツクリーナーは使わずに、丁寧にウェスで拭った。
②フリー側のシェルにベアリングをセット
rearhub1
③グリスをベアリングに盛る
rearhub2
④シールリングをセット
rearhub3
⑤ハブ軸のフリーの嵌るところにフリーハブ用グリスを塗る。
rearhub10
↑これがグリス。ハブをばらした時にグリスがグレーがかっていたんでそんな色だと思っていたが、
本当はこのように真っ白のグリス。グレーっぽかったのは金属の擦れで汚れたものみたい。
rearhub4
そしてハブ。
⑥フリーをはめる。
rearhub5
⑦フリー側のロックナットを締める。
rearhub6
⑧ラチェット部にフリー用グリスを塗る。
rearhub8
この写真で、フリー用の白いグリスとデュラグリスの黄色味がかったものの違いが判ると思う。
⑨ハブ軸にも一応グリス。
rearhub7
こちらもクラッチ部にフリー用グリスを塗る。
⑩ハブ軸をシェルに通し、反対側のベアリングにもグリスを盛る。
rearhub9
⑪あとは玉押しを締め、玉当たりをみて、ハブナットを締め付けて完了。

やはり、フロントのハブや、クロスバイクに使ってるXTのものとは違い、カッチリとした感じがある。
シール性も高いことから、どこから水分が入り込めるんだろうと思ってしまうぐらい。
組み付けたあとでハブを回してみると、静かなデュラらしいラチェット音が戻り一安心。
この滑らかさはフリー専用のグリスのおかげだったようです。

これで次は3000~4000kmの時点でメンテの予定。
まずは試走して様子を見たい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jitensyadouraku.blog106.fc2.com/tb.php/38-00a32d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。