2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULI号紹介 乗車インプレ

りんくう公園
            ※関西空港対岸の公園にて

いろいろ書いてきましたが、パーツになに使おうがそんなのは人それぞれの好みに近いんで、
あまり興味はないかもしれませんね。
ということで、約300km近く乗ったことで、肝心のインプレを書いてみます。

●振動吸収性
 クロモリはアルミなんかに比べて一般的に乗心地・振動吸収性が良いと言われます。
 しかし、この自転車は想像以上に乗心地がいいです。
 去年の終わりにショップの試乗会でお店のULIに乗せてもらう機会がありました。
 そのULIはカーボン(この場合、スペシャのターマックSL)のようにフワフワした感じではなく
 地面にシッカリ追従していながらアルミのようなカチカチ感がないなと思ったんですが、
 このバイクはどちらかというとオリジナルのULIに比べて、カーボンに近いような軽快感が
 でてまして、それでいてBB下がりが低いためか接地感というか地面に張り付いてる感じが
 あります。
 フォークやホイールの影響も多少あるでしょうが、やはりダウンチューブの小径化が乗心地に
 効いてるものと思われます。
 まだ100km以上のライドはありませんが、アルミのような疲れ方は皆無だと思います。

●直進安定性
 最初、ビルダーからスケルトンをCADで出してもらったものを魅せてもらった時、「ヘッドが
 やけに立ってるな」とか「ホイールベース短っ!」と思い、ハンドリングのクイックさや安定感の
 なさを心配していました。
 しかし、乗ってみるととにかく安定しています。とくに30km/hを越えると顕著になり、
 ギャップを避けたりするのに少しハンドルを切ってもすぐにニュートラルポジションに
 戻ります。
 自動車でいうところのセルフアライニングトルクが大きいという感じでイメージできるでしょうか。
 その為手放し走行も安定しています。サドルを持って押して歩いても真っ直ぐ進みます。

●登坂性
 ショップのULIに乗ったときも思ったのですが、カーボンの超軽量級のバイクでも感じなかった
 「坂の登りやすさ」を感じました。
 回転でクルクル回して登っていくときは重力で後ろに引っ張られる感じがなく気持ち良く
 登れるし、トルクをかけると一漕ぎごとに背中を押されるようにクイっと進みます。
 少し緩めの坂では、フロントをアウターにしてもかなりスピードが乗ったまま漕ぎ続けることが
 出来ます。
 クランクを172.5mmにしていることもあるかもしれませんが、この辺りもケルビム独特の
 スケルトンが影響しているのかもしれません。

●下りの走行性
 下りで65km/hぐらいまで出しました。
 ここでは私自身ドロップハンドルでの重心位置をどこに持っていけばいいかまだ良く判って
 無かったので、少し重心が前気味になってしまってハンドルがグラグラして少し怖い思いを
 しました。
 しかし、腰を引き加減にして重心を安定させると上述の直進安定性で気持ちよく下れましたが、
 より安定した下りの走りということではダウンチューブは細くないほうがいいかもしれません。
 ただ、私自身レースのようにスピードを求めるような走りをするわけではないので、とりあえず
 全然問題ないレベルにあるということがわかりました。


以上が主なところです。
直接ビルダーと詳しく話したことはないんですが、私自身がこのバイクを作る時に出した希望は
ほぼ網羅されており、ショップの店長がうまく私の意図するところを翻訳してくれたなと感心して
おりますし、ケルビムのフレームが持ってるポテンシャルの高さにも驚かされました。
とにかく一番の希望は「乗ってて楽しいこと」だったので、この願いがかなえられて非常に満足
しています。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
僕もケルビムでお願いしようかと思い、ネットで情報集めしている際、こちらを見つけました。いろいろと情報があり、大変参考になります。僕もちょうど、オーダーするなら白!と思ってましたし。やっぱり白は綺麗ですね。
この前始めてケルビムに行った時、クロスオーバルを勧められました。仲間とそれなりのレースにも出てみたいし、毎日通勤で結構ガシガシ漕ぐ(予定の)僕にはそちらのほうが良いらしく。ULI と予算的にも悩んでます。

今後もちょくちょく覗かせていただきます!というか、ここ最近毎日チェックしてます。

ユウキさん、こんにちは。
レースに通勤にとこれはかなり広範囲な用途ですね。今野さんもさぞや喜んでおられるでしょう(笑。
ガシガシ漕ぐとのことですが、値段が手ごろなのはULIベースにダウンチューブを31.8mmにしてもらうことでしょうね。
(参考に本家サイトのUsersのところ見てください)
クロスオーバル仕様はダウンチューブが31.8mmのクロスオーバルパイプだと思うのですが、それ以外ではTIMEのフォーク以外にULIとの相違点はありますか?
(スイマセンこの辺詳しくなくって)
以前聞いた話だとあまり硬いフォーク(LOOKのHSC5とか)はULIのフレームには合わないとのことでしたが、今は硬いフォークでも合うようなシッカリしたフレームになってるんでしょうね。
この辺はULIの太ダウンチューブ仕様よりもクロスオーバルの方が完成されたフレームなのかもしれません。
私のは逆にマッタリとしたツーリング志向ということでパイプを細くしてもらいました。
こういう風に考えると、少し値は張りますがビルダーお勧めのものがいいのかも。
4、5万円で妥協するよりは頑張ってイイ物を買った方がいいと思います。
安い買物ではないので、ジックリ考えてジックリ今野さんと話して仕様詰めて行ってください。
ではでは。

こんばんは!
実は、まだ全然じっくりは話してないんです。僕から「週3,4回の往復45km程度の通勤と、あとは会社仲間で時々レースに出たりツーリングにいく程度」、という話しをして、だったらクロスオーバルのほうが固めなので、あってるのでは?程度の話しかしてません。30分も店にいませんでしたので。もっとじっくり話しておけばよかったかな?つい、ケルビムまで自転車で5分くらいの距離に住んでいるので、「いつでもこれるし、じゃあ、また」みたいな感じで店を後にしてしまいました。とりあえずはいろんな車種みれただけで楽しかったです。
ULI でもダウンチューブを太めにして剛性あげる、という手もあるんですね。実際購入する際にはじっくりと話し合ってきたいと思います。
その前に、優柔不断なので、ある程度パーツを考えておかないと…。コンポーネントやらホイールやら…。
今まではフラットロードに乗ってて、今度は初ロードなので、シマノでもカンパでも良いんですが、見た目だけでカンパが良い!なんて思ってる初心者です。でも見た目って重要ですよね~。
助言ありがとうございました!

詳細なご紹介ありがとうございます

クロモリロードシクリストのBDHです。一足早く完成された愛車を詳細にご紹介いただき、ありがとうございました。
とても勉強になります。何度もじっくり読ませていただきますね。
実は私が最初に入手したロードはケルビムだったんですよ。吊るしでしたが、今からもう28年前の話です。(エンド幅が120ミリでした)

海と柵の色が白い自転車を見事に引き立てていますね。
自分のもそうですがどっしりとした安定感ではなく、しっかりした安定感(うまく表現できませんが、たとえば野球でバッターが打つ前の、野手が何処にボールが来てもいいように身構えているような、そんな感じ)と言ったらいいでしょうか。
以前にハルスケさんのと頃にも書きましたが、下りで相当スピードが出ているときに路面の荒れているところに出くわしましたが、自転車が暴れることもなくタイヤもしっかりグリップしてくれて、安心して対処できました。
フレームがいいから、スチールならではの挙動だと思っています。
毎週末に乗るのが楽しみになりますね。

みなさん、変なコメントが入ってくるので皆さんのコメントは承認制にしております。
ご了承願います。

>ユウキさん
私は初めてケルビムにメールしたのが一昨年の秋。
その後大阪のショップを紹介してもらって、お店に行ったのが去年の2月。そしてオーダーが去年の10月で完成が今月の8月です。
ある程度パーツも含めて仕様を決めてからショップを伺いましたが、当然オーダー後にも仕様が変わる状態でした。
ということなので仕様が変わるのは構わないと思います。
しかし、自分のしたいことやイメージをシッカリ持ってビルダーと話をすると、より明確にバイクの仕様となって現れてきます。
この辺はもう、トコトン話すことに尽きますね。
納得行くまでたくさん話してくだい。
私もショップの店長が「長かった分、いろいろ変遷とかあって楽しかった」と言ってくれてます。
そういう風にビルダーと一緒に具体化されたはいかがでしょう。
焦らずジックリということで。

>BDHさん
いらっしゃいまし。
BDHさんとかCharlieXさん(http://charliex.seesaa.net/article/11694894.html
とかは私もかなり参考にさせてもらいました。
クロモリバイクをジックリと紹介されてるサイトやブログに飢えてたものですから。
実はハンドルバーのモルフェも棄てがたかったです。(今年は廃版らしいです)
BDHさんも完成までジックリ悩むのを愉しんでください。
しかし皆さん年季の入ったケルビム乗りでうらやましい限りです。
私ももっと早くビルダーに出会いたかった。

>ミウラSVさん
風景に溶け込んだバイクの写真を一杯撮りたいと思ってます。
(ユウキさんが実はいい写真撮ってるんですよねぇ)
そうそう、挙動が読めるというか、バイクが踊るようなことは皆無ですね。
そういう武道の「型」みたいな構えができてるような気になります。
65km/hで下ってるときも最初は少しビビリましたが、その後は「読めて」ました。
とにかく週末が待ち遠しくって仕方がありません。

たびたびお邪魔します…。
> 自分のしたいことやイメージをシッカリ持ってビルダーと話をすると...

そうですよね。まだフラフラしてる状態なので、ある程度イメージを固めてから行きたいと思います。昨日の夜も、バックステイはメッキにしようかなー、でも真白もいいよなーなんて考えながらニヤニヤしてました。

ミウラSVさん、CharlieXさんのところ、両方見させていただいてます。それ以外にハルスケさんのところとここ、4箇所を毎日チェックさせていただいてます^^ コメントを残したことあるのはここだけですが。奥手なもので^^;

>ユウキさん
あと、わがショップ回転木馬の↓こちらもご覧ください。
http://www.kaitenmokuba.none.or.jp/gallery/gallery_bikes.html
いろんなバイクでいろんなコダワリがあって非常に参考になりました。
私が参考にしたのは
http://www.kaitenmokuba.none.or.jp/gallery/gallery032/previews.html
の「求める性能」のところ。
スケルトンのコダワリなんかが参考になりました。
あとは
http://www.kaitenmokuba.none.or.jp/gallery/gallery024/previews.html
やはりオーナーのコンセプトがシッカリしてるとスケルトンに翻訳しやすくなります。
尚、こちらのギャラリーや店長のバイクとかを参考にアウターワイヤーのトンネルとか採用していきました。
ケルビムのお店ではもうこういうクラシカルなバイクは置いてないと思うのでイメージしにくいと思いますが、回転木馬のサイトを参考に「こういうこともできるのか」というのを持った上でコンセプトや仕様を詰めて(私は箇条書きにして店長に渡しました)ビルダーと話してはどうかと思います。
疑問に思ったことは何でもどうぞ。
ウチのショップの店長や今野さん自身もメールで丁寧に返事してくれますのでいろいろ聞いてみては?

はじめまして。私もケルビムに大変興味があります。
こちらのページを食い入るように読ませて頂きました。いい情報をありがとうございます。

さて、車種を決定する際、「Sticky」という車種は候補に上がりませんでしたか?
私は独特の細さが気になっています。
ULIに決定した一番の決め手は何だったのでしょうか?

>ながさん
はじめまして。どんどん興味持っちゃってください。
ハマればハマルほどオーダーの虜になっていきます。

Stickyについては、私が構想を練っている時点でまだ商品化されていませんでした。
元々クラシックスペシャルにやられてケルビムが欲しくなったのですが、その後はまずクラシックスペシャル+アルテグラぐらいで構想がスタートして、メッキなしやラグレスにしたくってクラシックスペシャルとほぼ同じ仕様となるULI+Ni-exパイプに行き着きました。(その後、仕様を極めたくってデュラをチョイスしましたが)
Stickyはバネ感があったり、そこそこ軽くってヒルクライムにも向くという振れ込みだったと思いますが、汎用性ということでいくとULIに歩があるかなと思いULIにしています。
ただ、あの細さには依然興味はありますので、Stickyベースで街乗りピストなんかを作っても面白いのかなと思ってます。

早速、返答を頂きましてありがとうございます。
Stickyのこと、大変よく分かりました。それぞれに特色があるんですね。
Stickyをベースに街乗りピスト。なるほどです。それも欲しくなりました。(笑)
これからもよろしくお願いします。

ytアニキ(^^)こんにちは
私のケルビムも組み上がって300キロ程走行したのでインプレというかご報告致します。
漕ぎ出しは普通だと思います。スプリント競技のようなスタートダッシュはしませんのでよくわかりましぇん。
平地はケイデンス100前後で30~35km位のクルージングが気持ちイイ~です。
ハルスケさんの所で「すーさん」が下ハンが握りやすくなって使用頻度が増えたとインプレしてますが私も同感です、ポジション自体は前のバイクと同じなのですが・・不思議です。
下りは68km位スピードの出せる直線道路をダウンヒルポジションで下っても不安は感じません。
途中2箇所に道路を横断してる排水溝の段差があるのですがハンドルが軽く震える程度でバイク全体の挙動は安定しています。
中速(35~50km)の連続コーナーはこのケルビムの一番美味しいところだと思います。まさに人車一体という感じです。
ひらりひらりと軽いハンドリングですがフロントタイヤが路面に喰い付いてるのが感じられるので不安はありません、コーナーリング中はオンザレールです。
上りはインナーを使ってクルクル回してしてる時はトラクションの掛かりも良好で気持ちいいです。
問題はアウター時です。私は4~5%位の短い坂(200m以下)は50×21tを踏んで上るのですがクロスオーバルはめっちゃ重い、回らない、失速する。
キシリウムSLではなくフライホイールを履いてるのではと錯覚します。
ロングライドの終盤で上りや向かい風に遭遇したら泣きたくなると思う・・
35ミリのダウンチューブは伊達じゃない、選手クラス、それもスプリンター脚質の乗る競技用自転車と思いました。
でも荒れた路面の衝撃吸収は以前乗っていたLOOK 481SLと変わらない感じですよ。
481SLのフォークが余っているのでULIをベースにしたインテグラルヘッドのStickyを作ろうかと真剣に考えている今日この頃です。


★マービーさん
コメントありがとうございました。
私は先日ブルベのやり直し走行会で走って、計2000kmを越えたところです。
このあたりのことは時間が経ってからでもアップしていく予定です。

年末の試乗会でホイールを試したときから「このバイクをもっと走らせてやりたい」と
思うようになってきています。
さし当たって、手組みホイールからの脱却を図っており、剛性のあるホイールへの
換装を計画しています。
とにかくできるだけこのバイクに乗りたい、ULIなんでもっとガシガシ走らせてやりたい
というのが今の気持ちです。
このバイク、十分走ります。
レースでも十分通用します。
「ここ一番」とういうところで、その柔さを露呈するのかもしれませんが、私には
踏み込むたびにビュンビューンっと伸びるバネ感が気に入ってます。
床の間バイクにはしたくありません。
現に今は結構キズも付いてきていますが、これがまたイトオシイ。
基本的にはブルベみたいなロングツーリングが私の嗜好ですので、この先カーボンハンドル
などに代えて、より長く快適に乗れる仕様になっていくことになると思ってます。
マービーさんも今のバイクの可能性をまずいろいろ探ってあげてください。

乗れてきました

>ytさん
単に練習(実走)不足だったようです。
ローラー台練習ばかりしていて厳寒の強風下に走りだしたので心臓はバクバクだし脚は冷えと乳酸で硬直していたみたいです。
暖かくなり80km、90kmと少しずつ距離を踏むようになってきたら例の上り坂も75rpm以上で回せるようになってきました。
乗り込んで最近気がつきましたが、このクロスオーバル、鋭角コーナーの立ち上がりダッシュは良いです。
もうすぐシェイクダウンから700kmになります。
乗るのは楽しいのですが体力の低下は否めず1回乗ったら中2日休まないと疲労が回復しません(悲)。
ホイールは決まりましたでしょうか?
銚子は日本最大級の風力発電機が30基以上林立する風の迷所?なのでオールラウンドホイールしか選択肢がありませんが・・
私も時間が許せばいつかブルベに参加してみたいです。

★マービーさん
こんんちは。
実走大事ですよね。
私は今月すでに400kmを越えました(ローラー含む)。
ブルベやり直し走行会と、先週は5月のブルベの途中まで155km走りました。
前回の書き込みでゆるい上り坂で踏み切れないというのがありましたが、このあたりは
剛性のあるフレームだと踏んだ分だけ進まないので、そういう感覚になるんだと思います。
この辺はわれわれ素人ではまだまだなんでしょうかね。
体力低下というより回復力ですよね。
これはもう仕方がありません(笑。
私は長距離を走るときはアミノバイタルを飲むようにしています。
次の日の疲れ方が全然違います。
先日の200km走行会でも3日後には走りたくてウズウズしてきました。
コレ本当にオススメです。

ホイールは発注済ですが、まだ発売されていません(笑。
とにかく首を長くして待ってる状態です。
私、訳あって4月は長期出張で自転車に乗れるかどうかわからないところです。
できたらULI号を持っていこうと思ってますが、どうなることやら。
だからホイールは出張後、GWに試せればと思ってます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jitensyadouraku.blog106.fc2.com/tb.php/21-8989c2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。