2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールチューン インプレ

昨日、ホイールチューン後の様子を探るため峠へ行きました。

大阪から和歌山へ抜ける峠がありまして、いつも走ってるところなので今までの感じと比較しやすいと思い走ってみました。
しかし、峠のトンネルを越えたところで雨が激しく降ってきたのであわてて引き戻しました。
仕方なく、あまり走らない逆のコース(ややカーブ多い)を含めたインプレを。

①峠に行くまでの平地走行
30km/hを越えたぐらいで巡航した時、今まで小さな振動があると思っていたのが全く無くなり、大げさに言うと「床の上を走ってる感じ」という感覚を味わえました。
30km/h越えた辺りから微妙に振動し始めてたんでしょうね。
これが皆無となりました。

②ギャップを越えた時
路肩とかでのギャップを越えた時、今までなら振動が発散する感じだったのが、「スッ」と振動が収束するのがわかりました。
これは本来カーボンフォークやクロモリのフレームの持ってる振動吸収性が発揮されたのだと思います。
やはりこれを味わうにはホイールバランスの大切さを感じました。

③そしていよいよ高速走行時
峠のトンネルを折り返して、踏めるところまでペダルを踏み、あとは惰性で下っていきました。
直線に近い部分ではホントに滑らかで、ブルブルする感じは全くありません。
そして、今まで以上にスムーズに走るので、より速度が増してたかもしれません。
結局60km/h弱まで行き、その回転のスムーズさを体感できました。

④下りでのカーブ
峠を下って、物足りなかったので、850mぐらいある葛城山に登り、そこから一気に下ってきました。
ここではカーブでのフラツキをやや感じました。
これはホイールバランスとかの問題ではなく、おそらく手組みホイールの剛性によるものだと思います。
完組ホイールのような剛性感があればこのようなフレは感じなかったかもしれません。
ただし、コーナーを立ち上がって直線的に下るところでは、やはりスムーズで問題ありませんでした。

こんな感じのインプレでして、総じていうと、これは

 「イイッ!!」

ってことになりますかね。
私のホイールでフロント3gでよかったですが、ディープリムだと10gを越えることもあるそうです。
こりゃ、スピード出したらどうなるかお判りいただけますよね。

是非皆さんもお試しください。

あ、バランスウェイトはゴルフ用品屋さんで簡単に手に入ります。
katsuragisan
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。