2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULI号紹介⑩

アウター小物

アウター処理&ネーム


★ブレーキアウター小物

ブレーキアウターの処理で、通常の位置だと室内でフレームをハンガーに吊り下げた時に
インナーワイヤーが邪魔になるのと、リアのブレーキアーチへの取り回しが気に入らなかった
ので、トップチューブ上にトンネル(3ヶ)を付けてもらった。
フレームが上がってきた時は気付かなかったが、ワイヤーを通してみると、小さな肉抜き加工が
してある。
こういう細かな芸が何ともニクイ。
汗でインナーワイヤーが錆びたりすることもないので、見た目と実益面で一石二鳥となった。

ちなみに、ビルダーのネームは社長の今野さんのもの。
通常はチェーンステーに付くが、ケイデンスセンサーとの兼ね合いでトップチューブに入れて
もらった。
これも目立っていて気にっている。
スポンサーサイト

ULI号紹介⑨

ブレーキアーチ


★ブレーキアーチ

ブレーキアーチ : BR-7800

ブレーキもデュラ。世間では105で十分とか、アルテはちょっと剛性が足りないとかって
言われるが、これはもう「止まる」という基本のところなのでトップクラスのものに。
リムとの相性や、フォークとの相性が気になるところだが、今のところぶれる感じもない。
ワイヤリングについては、シフトワイヤーのアジャスター受けをヘッドチューブに持って
いってるために少々窮屈になった。ハンドリングには影響はないが、予定していた
シルバーの長めのアジャスターが使えず変更。
アウターワイヤーもシルバーメッシュのものを考えていたが、摺動抵抗の実績考慮して
デュラのSIS-SP41(ハイテックグレー)にしている。
コレが結構しなやかなので、この窮屈なヘッド周りでもキレイにワイヤリングできている。

ULI号紹介⑧

フロントディレーラー

クランクセット


★フロントディレーラー

FD-7800-B(Φ28.6mm)
まず、バンドか直付けかの選択。昨今のコンパクトクランク全盛期にあって、使い勝手が
いいのはバンド式。チェーンリングが48tでも52tでも容易に対応できる。
しかし、オーダーっぽく直付けも魅力的。
ここはよりシビアな調整に対応できるバンド式とした。
フレームのシートチューブ系が28.6mmなので、今はカンパは未対応。これって特別に作ったり
昔のモノを探すでしょうか?
シマノは対応しているので無問題。
後述するが、チェーンリングが48tだったので、最小歯数:50tのディレーラーではシマノの推奨外
の設定となる。
しかし、これも店長に調整してもらい事なきを得てます。

★クランクセット&チェーンリング

クランクセットはデュラのスタンダードギアが踏み切れないので、コンパクトクランク:FC-R700
(172.5mm)に。
これもデュラ・トリプル⇒デュラ・ダブル⇒コンパクトと考えが変わっていったが、貧脚対応で
コンパクトに決定。
コンパクトには決定したが、シマノのコンパクトの「顔」はクロモリフレームには似合わない。
クランクセットだけカンパのケンタウル(’06)にすることも考えたが、シマノ最新テクの
ホローテックⅡも棄てがたかった。
そこで、雑誌等で紹介されていた旧XTRの48tのチェーンリングを採用することに。
これでようやくバイクの「顔」となるクランク周りが決定した。
今となってはアルテグラのコンパクトも出ているので、このリングをメッキしたりするのもいいかなと
思ってます。
旧XTRのリングでも変速性能は気にならないが、スパイクピンが2本しかなく、最新のリングの
4本に比べると少し気になるところ。
これも50tを踏める足が出来てからということで。

ULI号紹介⑦

サドル&シートピラー


★サドル

今のクロスバイクからスペシャライズドのボディジオメトリー信者の私は、なんの考えもなく
早々とスペシャのトゥーペで決まり。
例の坐骨間隔を測定する治具で私の坐骨間隔は130mmだそうな。
よって、140mm前後のサドル幅が必要で、トゥーペも143mmにアッサリ決定。
で、カラーはシンプルなホワイトを考えていたが、スペシャライズドの代理店契約の問題で
在庫がほとんどなく、ホワイト&ブルーのトゥーペ・チームにした。
フレームにブルーのストライプが入っているので、違和感は無い。
真っ白よりも少しアクセントがでて気に入ってます。
190gと軽量の割りにカーボンベースがシッカリしていて、適度に撓るということだったので、
長く乗っての乗り心地に期待。

★シートピラー

パーツをデュラで揃えることにしていたので、これも旧番のSP-7410に決定。
しかし、既に生産中止であり、ショップ経由で問屋の在庫を見てもらったが、全くなし。
ネットでアチコチのショップの在庫を探しまくってようやくゲット。
このピラーはイーストンのパイプを使っていてかなり軽量。
アルミで軽量のものは最近もほとんど出回っていない。
SHIMANOには是非デュラのピラーを作って欲しい。

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。