2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULI号紹介⑥

ホイール

リム

フロントハブ


★ホイール
クロモリフレームのホイールはもう、手組みで決まりでしょ。
これはロードを買うと決めた時点で決定。
デュラハブ+MAVICオープンプロ+DTレボリューション+アルミニップル、というので決まり
でした。
しかし、店長いわく「耐久性を考えるとトリプルバテッドのレボリューションはやめた方がいい」
とのことで、ダブルバテッドのコンペティションとすることにしました。
それでも1.8/1.6mmにしたので重量は軽くなったと思います。
(測ってませんが、前後で1600g切るぐらいじゃないかな?下手な完組みホイールよりも
 十分軽いし、デュラハブで回転はバツグンです)

オープンプロはナカナカ手に入らなくなって来ているようですが、これも早めに取り置きしてもらって事なきを得ました。
ホイール組みは経験がモノをいうところ。
デュラエースのロゴとバルブ穴の位置を合わせてもらったりして、店長の細やかさがでています。
乗り心地はいいのですが、今のところフレーム、フォーク、ホイールのどれが効いてるのか私には良くわかりませんが、とにかく良く走り、良く回ります。
しかし、見た目には手組みにして大正解でした。
スポンサーサイト

ULI号紹介⑤

タイヤ

フロントビュー


★タイヤ

タイヤは最後の最後まで悩みました。
最初はホワイトで決めてたんですが、「汚れないか」「やりすぎかな?」とか気にしだしたのと、
青のストライプが入ってるのでブルーのタイヤでもいいのかな、なんて思い始めるとますます
収拾つかなくなってきてしまって。
ま、消耗品なんで、まずは初心貫徹でホワイト系でいくことにしました。
ホワイト系だとヴィットリアしかないんですよね。
これはグリップも好評のルビノPRO2をチョイスしました。
最初ショップで対面した時は「これってファニーバイク?」って感じでやりすぎたかなと
思いましたが、パーツが全部組みあがってから見たときは、結構気に入りました。
2日走った時点で、もうかなり汚れていますが、キレイにふき取ってます。
次はどんなのにしましょうかね。

ULI号紹介④

フォーク

ヘッドチューブ&フォーク


★カーボンフォーク

ケルビムULIはカーボンフォークがデフォルトでついている。
が、オリジナルはこんなイカツイもので、とても「細身のクロモリバイク」には似合わない。
(と思うのだが・・・)
ということでとにかく細身のカーボンフォークを探しまくった。
店長からは当時インターマックスが取り扱っているMIZUNOのやKUOTAのを
進められたが、とにかく1mmでも細く見えるものを選んだ。
で、決めたのがEASTON EC90(CURVED)。
横幅はそんな劇的に細いというんじゃないけれど、三角断面のとんがったラインが
アクセントになってるのと、ヘッドチューブから繋がるラインが妙に滑らかで、こいつが
最終的な決め手となりました。
クロモリフォークならいかり肩のクラウンにするという手もあると思いますが、このなで肩
具合は、コレはこれでありかなと。
この2枚目の写真はプロフィールにも使ってるように、結構気に入ってます。

ULI号紹介③

ステム

ステム2


★ステム

ステムはご紹介したようにNITTO UI-5GX(90mm)。
スケルトン出してもらったときは100mmのステムを想定してもらっていた。
それに合わせてハンドルバーのリーチも短めに決めていたのだが、いざ組みつけて行くと100mmでは少し長くなってしまった。
これは100mmのステムをつけて、横から店長にフォームを見てもらうと腕が伸びきってしまったため。
スケルトンのベースとなったクロスバイクもトップが580と長めだったので、このあたりも影響したかも。
コレがリーチ100mm以上のハンドルバーとかだったらステムが60mmとかになってたのかなぁ。
これはオーダーバイクとしては如何にも格好悪い。
ま、90mmで乗り込んで、イマナカさんみたいに「低く、遠く」みたいなフォームが保てるように
なったらステム長を変えてみたいと思います。

★ヘッドパーツ&スペーサー&トップキャップ
ヘッドパーツは、ケルビムのULIのオリジナルはCANE CREEKのブラックのものなんですが、これもシルバーのものに交換。
これも最初はシルバーのがなかなか無かったんですが、じっくりパーツ選びをしているうちに店長がいいのを見つけてくれました。当初予定していたものよりもトールタイプになりましたが、これによりスペーサーの数も少なくって(約25mm分)済んでます。
あと、トップキャップもブラックのからシルバーへ交換済みです。
このあたりはイメージしていた通りの出来となりました。

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。