2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULI号紹介②

ハンドル周り


★ハンドル周り

 ◆ハンドルバー : NITTO ニート M184-STI-80(芯-芯:400mm)
  ショートリーチ&ドロップでシルバー系のものを物色し、これにいきつきました。
  本当は丸ハンドルがよかったのですが、実際に握ってみて、ブレーキにも
  キチッと手が届いたんでこれに決定。
 ◆ステム : NITTO UI-5GX(90mm)
  カラーをハンドルバーに合わせてます。
  他のメーカーでは3Tのものなんかもいい感じだったんですが、
  ショップの店長曰く、ステムとハンドルバーは同じメーカーにした方がバッチリホールドできる
  ということで最終的にNITTOのライトグレー系で揃えました。
 ◆バーテープ : OGK CBT-3 ホワイトカーボン
  バーテープはホワイトかシルバーで、つるっとした感じ、もしくはカーボン柄で選択。
  最終的に白で汚れにくいという振れこみのこのバーテープをチョイス。
  とりあえず一旦使ってみて握り心地も含めていろいろ試すことに。
  フィジークのも気になってるので次回検討。
 ◆バージェル : フィジーク バージェル
  とにかく長く乗って疲れないようにということでジェルを忍ばせることに。
  ハンドルバーが太くなってしまうが、これはやむなし。
  バーテープの巻き終わりの納まりもちょっと気になるところ。
  やっぱり細身のバーテープを合わせるか。
 ◆ブレーキ&シフトレバー : DURA ACE ST-7801
  今日の大御所はこちら。
  パーツは基本的にデュラで統一。これはアルテや105にしたとしても、ぜぇ~~ったい
  ヅラエースが欲しくなるはず、ということで奮発。
  結局このために貯金することでどんどん購入時期がずれ込んでしまいました。
  私は手が大きいので、カンパのエルゴパワーよりもシマノのSTIの方がシックリ来ます。
  STIのトップを鷲づかみにもできますしね。
スポンサーサイト

ULI号紹介①

ULI全景


ビルダー : ケルビム(今野製作所)
組み立て : 回転木馬

フレーム
ULI(ウルトラライト&インテグラルヘッド)ベース。
パイプはカイセイ製:Ni-ex採用。
ダウンチューブにトップチューブと同径のΦ25.4mmに変更。
カラーリングはパールホワイト系でまとめることに。
イタリアのCASATIのLINEA OROというバイクの「青光りするホワイト」というのに
やられてしまい、何とかこれを再現してもらった。
ロイヤルブルーのピンストライプで、それに合うロゴということでケルビムの昔のロゴを
今野さんに無理を行って取り置きしてもらったもの。
フレームはキズ&汚れ対策でカドワキコーティングクォーツダインを施工済み。

スケルトン
 シートチューブ長:520mm
 トップチューブ長:560mm(ホリゾンタル換算)
 リアセンター:415mm
 BB下がり:75mm
 ヘッドアングル:76°
 シートアングル:73.5°
 ホイールベース:970mm
 フロントフォークオフセット:43mm

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。