2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の散財(今更ですが)

遅ればせながら、昨年12月の散財記録。

実は、昨年にロードバイクを購入したことで、今年はいろんなイベントにでて、ロードでの可能性をいろいろ探りたいと思ってます。

早速、2008年始動イベントとしてブルベへ申し込み。
オダックスジャパン(AJ)会員への申込みを12月半ばに済ませ、2月9日の泉佐野209(200km)へ申し込みを済ませた。
200kmは一昨年の2006年にクロスバイクで琵琶湖を経験済み。
今回の200kmのコースは半分ぐらいホームコースに近いところなんで、参加をするか迷っていたが、アチコチの方がブログやHPで参加表明されてるのを見て、ウズウズしてきてしまった。
5月の300kmへの足がかりとして、ロードバイクのアク出しをしておきたいところで申し込みに至った。

となると、厳寒の2月のブルベ参加への準備が必要で、ウェアを中心に散財。
sanzai_12
基本的には11月の散財分(長袖ジャージやインナーウェア)が基本のウェアとなるが、その補助としていろいろ買っておいた。
写真左上がネックウォーマー。モンベルのネックゲーターというヤツで、裾が広がってるのと、少しタイトであごや口までをカバーしやすくなっている。
安物のだと首周りがスカスカしてしまうのだが、これは結構フィットする。
やはりアウトドア系のメーカーのものは秀逸である。
次に右上のグローブは、パールイズミのウィンターグローブ
パールのは限界温度表示がしてあるのだが、これはパールとしては一番低い部類の3℃まで使用可。
元々持っていた薄手のグローブに、これもモンベルのインナーグローブを使おうと思っていたが、これだと指先がやたらと冷えてしまっていた。
そこでショップで嵌めた感じもよかった、このグローブをゲット。
さらにインナーグローブと併用することで完璧に近い防寒が出来る。
手はグローブを外すだけで一気に冷えてしまうのだが、インナーを着けてることでそれも防げる。
手のひらにパッドもついていて、ロードバイクのハンドルのブラケット部分を持ったときにちょうど当たるようになっている。
これはいい買物をした。
3つめはライト。
2灯以上の装備が義務となっているブルベのために、既に3つ持っているのだが、ハンドル周りをスッキリさせるために小さめで明るいライトを探した。
これ、キャットアイのHL-EL135で、これのホワイトヴァージョンが出たところだったので購入。
これが結構明るい。
横にも光りが拡散し、さらに真正面への照射がすごい。
コストパフォーマンスも抜群なんで、もう1つ買ってもいいと思ってる。

sanzai_12_2
次はベル。
コレも必需品。
装備を付けるには狭い範囲しかないロードのハンドル周りではあるが、何とか使える場所が。
それはステム下のスペーサー。
前からココに付けられるのがあるのを知っていて探していたんだが、木馬であっさり在庫を発見。
鳴らしてみると、この音がまたイイ!。
「チ~~~ン」と余韻が長く続く。子どもには「おばあちゃんの音みたい」って仏壇の鐘見たいって言われたが、うるさすぎず、イイ音で「どいて下さ~い」って言えるように聞こえてくる。
コレも是非オススメします。

最後はコレ。
sanzai_12_3

去年ショップからスズカエンデューロに出させてもらったが、ここでは借り物のジャージだった。
しかしジャージを着ての一体感と言うか、見えない力をもらえると言うか、凄く気分良く走れた。
今年もイベント系にはショップのジャージを着て出たいと思ってマイジャージを購入。
最初のイベントは1月の新年会で「呑み練」となってしまって、ジャージは不要だった(笑。
まずは3月の淡路島走行会になりそう。(ってまだ寒いか)

そんな感じで着々と厳寒走行への準備が整って行きました。


1月も順調に(?)散財中です。
また月末にご報告を。
スポンサーサイト

11月の散財

※一度エントリしたのに、データがぶっ飛びました。大丈夫か?FC2。
  ということで気を取り直して再エントリです。


11月は、真冬の装備を徹底的に買いあさり。
去年までもGillのウィンドブレーカーやオーバーパンツ、グローブなどは買って持っていたが、積極的に走るまでは行っていなかった。
今年は念願のローディーとなったことで、時間があれば是非走りたいと思い、そのために真冬使用のウェアをそろえようと思っていた。

sanzai_1
●Naliniの長袖ジャージ
●パールイズミ ブリザーブバイクスパッツ
●シマノ シューズカバー
sanzai_2
●パールイズミ ヒートテックセンサー-ハイネックロングスリーブ
●バンダナキャップ
●イヤーウォーマー

まず、長袖ジャージ。
基本的には今後長く着れるものということでウールジャージを物色しておりました。
しかし、いずれもマイヨポケットが付いてないものがほとんどで、利便性を考慮するとコストパフォーマンスがイマイチ。
PAOPAOジャージなんかも一時の流行りで「ポチッ」としそうになったが、40歳を過ぎて、落ち着いて長く着れるものと考えると、流石に60歳を過ぎてPAOPAOは無いだろう、と思いとどまれた。
ジーンズを下に合わせて、普段着としても着れるようなのを探していたのだが、某ウ●パーで特価品として出されていた。
サイズもMが1着のみで、これをゲット。
生地も二重になっていて、かなり暖かいです。
次はスパッツ。
これも真冬を想定してウィンドブレーク仕様のタイツを探していたが、試着して鏡に映った姿を見て、「オレにはタイツはねぇなぁ」と打ちのめされる。
日本人ってどうしてこんなにタイツが似合わないんだろうか。
私も足がそんなに短い方じゃないが、太ももとふくらはぎの太さのバランスが悪いんでしょうなぁ。
これは却下し、スパッツとシューズカバーの組み合わせで冬を過ごすことに決めました。
スパッツも締め付け系でないと足が太く見えて×。
そうなるとワコールのCW-Xとかは高くって、これもダメ。
結局パールのが安くてショップに行ったのだが、これもウ●パーでモデルチェンジ前のものが投売りで出てた。
膝周りのホールド感もバツグンだったので、コレで決まり。
シューズカバーも投売り品。
これ、シマノのヨーロッパ流通品ですかね。他であまり持ってなさげなのが気に入りゲットです。

できるだけ着るものはシンプルにして走りたいと思ってたので、あとはバツグンの保温性を持ってるようなインナーウェアを探しました。
そこで、パールから前面にポリエステルの繊維を織り込んで防風対策がされているインナーがありました。
長袖のジャージの下に、このインナー1枚でも大丈夫とのことだったので、これに決定。
天然のウール100%とかのも汗の蒸散性や保温性い優れているとのことでしたが、値段も手ごろなのでこちらにしました。
あと、今までヘルメットの下にはキャップを被ってましたが、あまりにもゴワツクので、キャップを取ってみたところ、あまりにも頭がスースーしたのでインナーキャップを購入。
バンダナタイプで夏も汗を吸い取ってくれるものということで様子を見てみます。
最後はイヤーウォーマー。
パールのバンドタイプのは持ってるのですが、ちょっとカッチョ悪い。
これも普段通勤時にも使えるタイプということでシンプルな耳あてタイプにしました。これはヒジョーに軽く、値段は張りますがオススメです。

あと、スパッツとシューズカバーの間でむき出しになっているふくらはぎの部分ですが、ここにはウォームタイプのクリームを塗って対応しようかなと思ってます。

自転車に乗るときの装備を出来るだけシンプルにして、用意だけで時間を食って疲れないようにしたいと思ってます。

10月の散財

9月は週末が雨になる日が多く、自転車に乗れなかった日が多かった。
せっかくロードバイクを買って、週末に自転車に乗るのだけが楽しみだったが、そんな鬱陶しい週末にうんざりしていた。
そこで、温めていた作戦を決行することに。
その名も「週末ハムスター作戦」。
以前からいつかは欲しいと思っていたローラー台を買うことに決めた。
クロスバイクでは家に入れることすらヨメの目があってできなかったが、普段からウチの中に入れているロードバイクを使えばローラー台での使用もヨメも黙認するだろうということで。
雑誌なんかではエリートのものが静かで自重もかかって、自然な漕ぎ味になるとのことで、早々と目をつけていた。
しかし昨今のユーロ高で、えらく値段が跳ね上がっており、買うのを躊躇していたが、ネットでユーロ高になる前から在庫を抱えているお店を見つけて、そこで買うことに。
クロモリバイクをローラー台で使うことにも少し不安があったのと、実際にエリートのローラー台を使っておられる方のインプレも聞いてみたかったので、ケルビムの今野さんや店長、エリートの輸入元のカワシマサプライ。そしてmixiのマイミクさんを伝っていろいろ教えてもらった。
クロモリでも全く問題ないとのことでビルダーからもお墨つきをもらった。
そして10月初めにポチッ!ポチッ!としたのでありました。

購入したのはこちら。
ro-ra-dai_set

 ●ローラー台:エリート・クロノ・ワイヤレス・デジタル・フルード
 ●汗取りネット:ミノウラ・セーフティネット
 ●ホイール:シマノ・WH-R500(リアのみ)
 ●スプロケット:シマノ・CS-6600(11-23t)
 ●タイヤ:Tacx・ローラー台用タイヤ
 ●チューブ:パナレーサー・ブチルチューブ(48mmバルブ)
 ●マット:ミノウラ・トレーニングマット2
 ●心拍計:キャットアイ・MSC-HR20
 ●ホイールマグネット

ローラー台は、すこぶる静か、とは言いがたく、チビが「パパ何やってるン?」と1階の部屋から飛んできた。
最初、普段履いてるタイヤでやったので、パターンの凹凸が振動になったようだ。
しかしローラー台専用タイヤにすることでそれもなくなった。
マットのおかげもあってか、夜の静かなときにやると気になるみたいだが、それまでの時間なら大丈夫そう。ヨメも21時まで、という限定でOKしてくれた。
このローラーは出力が測れるもので、ワット数と、かけてる負荷で何%の勾配の坂を登っているのと同じになるかというのが判るようになっている。
単調で飽きやすいといわれるローラー台にあって、これはありがたいオプションであった。

心拍計は、以前ただ心拍数だけ計れる単純なものを持っていたが、どうやらつぶれてしまったようで、これを機に最大・平均心拍数と消費カロリーを計れるものを購入。ポラールのは電池が自分で変えられないのと、結構お高いもおなので、手ごろなキャットアイのをこちらは某ショップでゲット。

ホイールもとにかく安いモノでローラー専用に置いておきたかった。
ついでに今もってないカセットが欲しくって、12-21tよりは使い勝手の良い11-23tを買ってこれを実走用に、そして12-21tという超クロスギアをローラー用に使うことにした。トレーニングにはこの超クロスの方が使い勝手がいい。

あとは汗取りのネット、ホイールにつけっ放しにするマグネットをあわせて購入。

で、今まで3回ほど使ったが、LSDというよりは少し心拍数を上げた状態(140~155bpmぐらい)で、アップ10分、トレーニング30分、ダウン10分の計50分ぐらいで乗ってます。
まだ、最大心拍数が山とかでのオールアウト寸前の190ぐらいを想定しているが、実際にはキチッと測った方が良さそう。
http://www.attic-bike.com/training/index.html
↑こちらのサイトでもう少し勉強しようと思う。

とにかくこれで雨の週末も楽しみが出来た。
真冬にも思い立った時に乗れるしね。
自転車のセットもタイヤを替えてローラーにセットするので約5分。
あとはタオルとか扇風機とかれーぱん履いたりとか、シューズ持って来たりとかの時間は居るが、さして苦にはならない。
ペダリングの様子をビデオで録ったり、片足ペダリングしたりとやりたいことはいろいろありますね。
当分これで楽しめそうです。

しかし、汗が出るわ出るわ。
扇風機もききませんね。
あと退屈しのぎでテレビをつけたら、サイコンが狂ってしまった。
テレビはやめて音楽聴きながらになりそう。

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。