2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULI号作成への道のり ⑤

「ULI号作成への道のり③」のところでも書いたように、仕様としてはかなり煮詰まった状態でショップでいろいろ教えてもらっていたが、現実的に可能か不可能か、実際の走りを考えたときにどっちのパーツにすればいいか、みたいなことをオーダーまでに詰めて行ったのが9月から10月にかけて。
そんな時に「ケルビム」でググってみて見つけたのがこちらのブログ
今はお忙しいそうで更新されてませんが、過去のアーカイブを辿ってみると私のイメージしていた仕様がアチコチに散りばめられており、ヒジョーに参考にさせてもらいました。
charlieX

この間で仕様を詰めていったものを挙げてみると・・。
①フレームのオプション
 とにかく狙いはあくまで「ULIクラシックのメッキなし、ラグなし仕様」ということで、オリジナルのULIから手を加えて行くことに。
 一つはチェーンステーのベンド。オリジナルはストレートなのでコレを追加。「ゆるーいベンドで」と念押ししてもらった。
 次はヘッドチューブへの「C」マークの溶接。ヘッドバッジみたいにしたかったので、これも追加。昔はこれもオリジナルだったようだが。
 あとはアウター受けのトンネル(オプション)と、小物加工位置の確認で、シフトワイヤーのアウター受けをヘッドチューブにつけてワイヤリングを容易にしたかったのと、シートステーへのチェーンレストの加工。これらはケルビムでは標準仕様。あとボトルケージの台座加工位置も決定。ケルビムでのボトルケージ加工位置は低重心化のためかかなり低め。フロントディレーラーとの干渉が気になったので、シートチューブ側の台座を少し上にしてもらった。

②カラーリング
 当初から「パールホワイト」一辺倒だったが、ピンストライプの入れ方で迷っていた。フォークにも入れるべきか、シートステーの細いパイプにも入れるべきか、あまりやるとくどいし・・と。
 そんな時、クロモリ以外の白いバイクにも目が行くようになり、ペタッキ仕様のコルナゴとかも考えるようになった。
 で、実際にいくらかかるか聞いてみると、まずソリッドカラーからパール系にするだけで追加発生。更に2色塗り分けで追加。もちろんメッキも追加になるということで、「長く乗るなら単色」という雑誌の書き込みにすがりながらパールホワイトにすることに。
 ピンストライプもシンプルに前三角のみとした。

③クランクセット
 見た目重視でリアディレーラーのショートケージやノーマルクランクに憧れ始めていたこのころ、クロスバイクで800mほどの山に登った。
 ロードでのファイナルギアの39x27tを想定したギア比で登っていこうとしたのだが、10%ぐらいの勾配を越えた時点であやしくなってきた。足が全く動かない。ダンシングでもダメ。蛇行してもダメ。「あぁ、俺にはスタンダードギアは無理だな」とあきらめてクロスバイクのファイナルに近いギア比1ぐらいでクルクル回しながら「あ、俺のレベルはこれだ」とあきらめた瞬間があった。
 ショップの店長からは「トリプルよりはコンパクトの方が何かといいですよ」って聞いていたのでコンパクトクランク探しを始めた。
 「コンパクトの方がいい」っていうのはシフトレバー(STI)やQファクターのことを言ってくれたのだと思うが、今考えるとトリプルで30段使いきれるかと思うとコンパクトにしておいてよかったと思う。
 で、コンパクト探しだが、シマノの「カブトガニ」クランクは何とかしたいなと思っていた。
 77デュラとかだったら細身でよかったのだけどスタンダードしかないし、66アルテグラも考えたがやはりスタンダードギアはダメ。おまけにアルテだと50tも無かったし。
 「シマニョーロ」も考えた。06ケンタウルのクランクはショップで見せてもらっても「ナカナカ」な感じだった。シマノのSTIやディレーラーと組み合わせても大丈夫と聞いていたし、48tがあったので、ほぼコレで煮つまりかけていた。
 しかし一つ気になっていたのがカンパのパーツ(BB等)や工具が高かったので、できたらシマノで統一しておきたかった。
 そんな時、サイクルスポーツのバックナンバーを見ていて、シマノのR700のクランクに旧XTRの48tのギアを使っているものが掲載されていた。
 コレにはビビビときてしまった。
 ホローテック2の剛性に加えて私の身の丈にあったギア比が得られる。
 さらにチェーンリングの見た目もマズマズということでようやく仕様が固まった。

これらが決まった時点で、オーダー実行を検討。
だいたい納車までに4ヶ月ぐらいかかるとして、このまま貯金を続けて行ってなんとか目標まで貯められそう、ということでオーダー決行。
10月10日のことだった。
(このとき、実のところフトコロ具合を考えて妥協したパーツもありましたです)
 
スポンサーサイト

コメント

 XTRのクランク、いい選択ですね。
 俺もメンテナンスや価格、スモールパーツの入手からすれば、シマノにすべきだと思います。
 でも、「カブトガニ」はイヤなんです。
 細身のクロモリには似合いませんもの。
 かと言って、SORAにするのも抵抗があります。
 ♯08では、SORAもついに「カブトガニ」ですね。

 SORAはシフトレバーが受け入れられません。
 下ハンドルを握ると解除レバーを操作できない、というのはどういう設計だよぉ、と思います。

 しかし、XTRかぁ。
 10S行けますか?

> 「シマニョーロ」も考えた。

 俺も考えました。
 でも、踏み出せませんでした。

ヒタカさん、どうもです。
更新後まもなくコメントいただき恐縮です。

当時はロードバイクの情報が欲しくってずっとサイスポのバックナンバーを見てました。
去年の9月頃に2004年当時のものもの(私が自転車始めたころ)から読み返していきました。
2004年と言えば78デュラリリース直後のころ、「カブトガニ」元年なんです。
そんな頃、バイシクルクラブやファンライドがコンパクトクランクにあまり興味を示さなかったのにサイスポは何回も取り上げてました。
ほとんどがサードパーティーのクランクにあって、まずフロントの変速性能を上げたいということで旧XTRのチェーンリングに光が当たったのでしょう。
キヨシローでおなじみのマツナガさんがやたらと勧めてました。
女性の方などはさらに旧式XTR(M900)の46tなんかも使ってましたが、私はデザイン的にM952のものに「クラっと」やられてしまったのです。

気になる10sチェーンとの相性ですが、私はとくに気になりません。
これほど採用例もありますし、ウチのショップでも大丈夫ということでGOとなりました。10速のチェーンリングを使ってたかたは気になるのかな?
デュラのフロントメカとの相性もOKです。(デュラのFメカは最小アウター50tが推奨)
あとは変速性能ですが、クロスバイクのチェーンリングがSTX-RCのMC-36でして、これがスパイクピンが3本あって、旧XTRが2本しかないので、敢えて比べると「よいしょ」という感じでインナーからアウターに切り替わります。
今のホローテック2とかのチェーンリングは4ピンみたいなので、これと比べれば変速性能は落ちるということなのかもしれません。
しかし慣れれば(キチッとシフターを押し込んでやれば)デュラチェーンのせいもあってスパッと切り替わってます。(私が回転系のペダリングだからというのもアリ?)
何よりホローテック2の恩恵を受けられるのは是非オススメです。
といいながらアルテや105もコンパクトでてきましたね。
わたしはアルテのチェーンリング(どちらかといえばSLの方)をメッキして使ってみたい気はしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jitensyadouraku.blog106.fc2.com/tb.php/29-82e5f336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yt_uli

Author:yt_uli
今年不惑の歳を迎えた自転車乗り。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。